ついに取締役営業部長に

直接担当してやったわけではありませんが、次の柱を作るべくいろんな新規事業を立ち上げ、立場上、少しずつ携わりました。

 

ロッテリアのFC、コインランドリー、カラオケ、弁当店、焼肉バイキング、ホテル、パチンコ、パン屋、コンビニ、うどん店、居酒屋・・・・・・・・・

 

ほとんど失敗しましたが、成功して今も事業として成立しているのは、ホテル、パチンコ、焼肉バイキングです。

 

本体とは切り離しています。

 

「1つの業態が大当たりして大きくなった飲食企業は、次の柱の業態を作るのは難しい」という、飲食業界のセオリーがありますが、ホント、その通りです。

 

 

そしてついに、営業部長になります。

 

皿洗いのアルバイトからスタートして10年ちょっと。

 

確か、まだ30歳くらいだったと思います。

 

営業部長というのは、当時約100店舗あったお店を束ねるトップです。

 

 

それから上場を経験し、取締役になります。

 

取締役営業部長。

 

32歳~33歳の頃。

 

決算発表(記者発表)は私がやっていました。

 

 

飲食業界では(他の業界もそうかも知れませんが)、営業のトップである営業部長になると、

 

①そのまま社長を目指す

 

②独立して会社を興す

 

③他社にスカウトされる

 

④コンサルタントになる

 

という、大きく4つのパターンに分かれます。

 

実際に、私の前の歴代営業部長は(といっても2人ですが)、④の道を選びました。

 

この頃に、私もコンサルタントを意識するようになります。

 

 

32歳~33歳の若造なのに、取締役営業部長という“名前だけで”、ビールメーカーや食品メーカーの名だたる大企業の役員クラスの幹部が、私に会いにわざわざ大分まで来ます。

 

そりゃ、天狗になりますよね。

 

はい、イヤな勘違いヤローになります。

 

 

ただ、ある時にふと気づいたんです。

 

上場企業の取締役営業部長といっても、

 

・会社経営の知識があるわけじゃない

 

・財務会計どころか、簿記のボの字も知らない

 

・もちろん、英語もしゃべれない

 

・パソコンすら触れない

 

あるのは、ずば抜けた(笑)現場作業能力のみ……

 

(一体オレは、この肩書きのバックがなくなったらどうなるんだろう?)と。

 

何となく「このままじゃマズイ」と、得体の知れぬ怖さみたいなものを感じるようになりました。

 

 

それともう1つ。

 

営業のトップゆえの苦悩です。

 

続く・・・