熊本時代

社員になる前に、アルバイトの時から中心人物になりました。

 

現場の作業能力だけは、ズバ抜けていたんですよ。

 

マジで。

 

 

と言っても、

 

・他の人が3時間かかる洗い物を、オレなら2時間で、しかもキレイな仕上がりでやれる。

 

とか、

 

・オレがいれば、どんなピーク時でも料理提供がスムーズに出る。

 

とか、そんな次元の話です(笑)

 

社員になっても、平なのに上の人たちがオレに気を使うような。

 

いま思えば、嫌なヤツですね。

 

 

それからしばらくして、予想外のことが…。

 

大分や宮崎に出店が続いていたのですが、13号店目に熊本に進出することになり、ついに私に転勤命令が下ります。

 

大分から出たくなかったので社員になったのに、熊本に副店長として赴任しました。

 

「副長」と呼ばれます。

 

たぶん、このときくらいに、元飲食店経営編集長の千葉さんが、月刊食堂の編集長だった時で、一緒にアメリカ研修に行きました。

 

 

店長とか私以外の社員は、熊本で採用した人たちだったのですが、これがまたいろいろと問題があって、ついにここで私が店長になります。

 

23歳。

 

最年少店長でした。

 

当時、1店舗に社員が5~6人いて、店長の私は23歳独身。

 

部下はみんな、30代以上の妻帯者。

 

そこからずっと、店長以上になっても、長の私が年下という世界が続きます。

 

 

熊本の店長時代の私の1番の自慢は、「人に困ったことがない」ことです。

 

スタッフにはメッチャ厳しかったですよ。

 

営業中は、みんな私に近寄らないくらい。

 

でも、休憩時間とか仕事の前後とか、時給が発生していない時間は、一切仕事のことは言わずにバカばっかり言ってました。

 

時給が発生している時間と発生していない時間は、明確にメリハリをつけていました。

 

ジキルとハイドのようなメリハリです。

 

なのでスタッフも、「時給が発生している時間は、ちゃんとやらないと」と、メリハリを出してました。

 

 

「人使い」には自信がありました。

 

熊本に進出してから熊本への出店が続くのですが、どのお店も人に困っていて、私のお店からヘルプを大量に出していました。

 

売上の高い週末に、複数のお店にヘルプを出してたのですから、自分でもスゴイと思います。

 

で、当然ながら、そういう人に困っているお店は、いろいろと問題がある訳で、ヘルプに行ってもらったスタッフから、「店長、もうあのお店には行きたくありません!あのお店は・・・・・」と続くわけです。

 

私は、「まぁまぁ、飯をおごるから」となだめながら、「ん?オレは何をやってんだ?何でオレがなだめないといけないんだ?」と思いながら…。

 

 

なので、あの当時の飲食業なのに、店長時代の私は、いわゆるブラックとは無縁で「楽勝」でした。

 

1ヶ月のシフト表も、まずは自分の休みを先に確保して、それからシフト表を作成しましたから。

 

しかも楽に。

 

周りの店長達からも、「河野は楽しすぎてる!許せん!」みたいな感じでした。

 

「だったら、もっと人使いをちゃんとしろよ。ヘルプ出すのを止めようか?」と思いましたけど。

 

 

もちろん売上も優秀で、会社の行事で「最優秀社員賞」みたいなものは、1番多くもらいました。

 

当時の上司から、「申し訳ないけど、今年は河野を外して選考するから」と言われましたから。

 

やっぱり、嫌なヤツですな。

 

 

ところがそこから、嵐のような人生に……