辞意。東京へ

前回「ついに取締役営業部長に」は、「上場企業の取締役までになったけど、名前だけで何も自分に備わってないことに危機感を覚えた」というところまでです。

 

 

前回の締めくくりは「営業のトップゆえの苦悩」でした。

 

2つあるのですが、1つは「組織に向かないことが分かった」ですww

 

私もそうだし飲食店経営者の皆さんもそうですが、我々は組織に向かない欠陥人間だから独立してるんですよ。

 

「あー、俺は『お山の大将』が居心地が良くて好きなんだな」ということが、よく分かったんです。

 

店長やオープン隊隊長をやっているときが1番楽しかった。

 

「オレが法律だ!」

 

「オレがマニュアルだ!」

 

「オレが全部決める!」

 

「オレが大将だ!親分だ!」

 

という状況が好きなんですよ。

 

その時その場で、ガンガン自分で決めていきたい。

 

稟議書の世界が嫌いなんです。

 

 

もう1つは、これこそがNO.2ゆえの苦悩です。

 

営業のトップといっても、会社のトップはもちろん社長ですから、実質はトップというよりもNO.2なわけです。

 

前にも書いた、日本のチェーンストアの教祖的存在の「日本リテイリングセンター(通称ペガサス)の研修をたくさん受けていましたから、「チェーンストアの組織論」も叩き込まれていました。

 

【NO.2は、自分が黒だと思っていても、トップが白だと言えば、白を主張しなければならない】と教えられ、これに苦しみました。

 

手が飛ぶ、足が飛ぶ、灰皿が飛ぶ、の気性が超超激しい方でしたから(あの写真からは想像がつかないでしょうけど…笑)、何回ぶん殴られたか。

 

会議なんかでも、どれだけなじられて激しかったか…。

 

でもそれよりも、「自分の主張を殺さないといけないこと」が1番イヤでした。

 

 

営業のトップになると、直属の部下は各地域の店長を束ねるエリアマネジャーと営業課長だし、他の部署にも影響力が及びます。

 

現場に直接ということはなくなり、彼らを束ねていく立場です。

 

それと、各エリア単位での会議とか研修とかがメインになります。

 

トップと一緒に参加するのですが、自分が白だと思っていても、トップが黒だと言えば黒に合せざるを得ない。

 

トップは数字が全てですから、数字が悪い店長がトップから叱責されます。

 

でも私は、その裏というか背景を知ってるけど、トップに同調せざるを得ない。

 

そのストレスがどんどん溜まっていって、ある時ついにそれが溢れて、辞意を申し出ます。

 

 

1つ目の理由もあって、「何らかの形で独立したいなぁ、お山の大将になりたいなぁ」という思いも強くなっていました。

 

また、以前に書いたように、(今思えばおごりですが)世の中の1,000万円プレイヤーのレベルも知ったし、元々お店をやりたかったのですが、コンサルを意識するようにもなっていたんです。

 

研修とか会議とかやってると、「ん?何かオレはこっちの方が向いてるな。得意かも?」と思い始めていました。

 

語弊があるかも知れませんが、お客様に喜ばれるよりも、私のアドバイスや指示でエリアマネジャーや店長達に感謝される方に、やりがいを感じていました。

 

 

結局、この時は留意され、「東京に行け!」と言われます。

 

当時、全国展開をしていて、400店舗くらいになっていましたが、どんどん出店していました。

 

直営ではなく、独特の手法なのですが、子会社展開です。

 

東北ジョイフルとか、近畿ジョイフルとか、日本を一定のエリアに分けて子会社を作って、それぞれが展開していくやり方です。

 

子会社の社長は、これまたそれぞれのエリアの大企業の小売業や飲食業・銀行の幹部出身の方々です。

 

結局、今では解体され、全て直営になっていますがww

 

 

子会社の中で、関東が上手くいってなかったんです。

 

それもあるし、「目先や環境を変えれば、考えも変わるだろ」という考えもあったんだと思います。

 

それが、さらなる転機になります。