コンサルはインチキ

その後、本社勤務になりました。

 

営業課長というポジションから。

 

店舗統轄のサポートです。

 

それから人事課長になり、新卒採用や中途採用・新店の募集・人事制度の構築等をやりました。

 

労働組合の初代副委員長も。

 

普通、現場と本社は少なからず対立の構図があります。

 

「本社は現場のことを知らないくせに…」みたいな。

 

でも、私にだけは、絶対にそんなことは言えません。

 

そりゃそうですよね。

 

「ん?オレの方がお前よりできるし?」で終わりですから(笑)

 

なので、自分で言うのも何ですが、私がお店に行ったときの現場の緊張感というか、一気に空気が張り詰めるのは凄かったですよ。

 

私の現場時代の話もどんどん神話化され、「河野さんは現場時代に、日替わりランチ4人分を運んだらしい」みたいなレベルの話ですが…。

 

お皿8枚運んだということですね。

 

オレは曲芸師かっ!
そんなことできるかっ!

 

また、この頃に体験したいろんなことが、将来の私の血となり肉となりました。

 

商品開発・仕入れ・立地・店舗設計・新店立上げ・もろもろのプロモーションツール作成・・・・・

 

経理とIT部門以外の、飲食業に関するありとあらゆる全てを経験しました。

 

会社も急成長の時期で、組織作りのために外部からどんどんスカウトしていました。

 

飲食業に限らず、いろんな業界の名だたる大企業や銀行の幹部の人達が、どんどん入ってきては、どんどん辞めていきました(笑)

 

文化が違いますしね。

 

でも、その時に思ったのは、「世の中の優秀と言われる1,000万円プレーヤーの人達って、この程度のレベルなんだ。だったら、もっとうちの幹部の人達を重用してあげればいいのに」ということでした。

 

外を知る機会になりました。

 

さらに、コンサルを受ける立場も経験しました。

トータルで10人くらい。

 

その時に思ったのは、「コンサルタントってインチキだ!」ということww
結局、「これまでの自分の経験の切売り」でしかないんです。

 

ロイヤル出身の人はロイヤルのやり方しら知らないし、マック出身の人はマックのやり方しかしらないし、それが全て正しいと思ってる。

 

相手の業種業態や会社の規模・状況等は関係なく、全てにそれを押し付ける。

 

本来コンサルって医者と一緒で、「相手の症状に合わせて処方箋を出す」ということだと思うのですが、「相手が風邪だろうが頭痛だろうが何だろうが、出す処方箋はいつも同じ1つだけ」みたいな感じ。

 

経験の切売りだから、自分自身のブラッシュアップもなく陳腐化していきます。

 

創業者は貪欲ですから、すぐにそんなレベルのコンサルは追い抜いちゃうんですよ。

 

最初は「先生、先生」と対応してたのに、だんだん「河野君、ちょっと相手しといて」みたいなww

 

私にとってはありがたいことに、この体験が反面教師になり、独立した時に「中小企業診断士を勉強しよう」と思ったきっかけの1つになりました。
でも1人だけ、「なんじゃ、この人は!」、「なんちゅうスゴイ人なんだ」、「恐れ入りましたm(__)m」という方がいました。

 

武川先生です。

 

大元は、渥美俊一率いる日本リテイリングセンター(通称ペガサス)ですが、この先生だけは凄かったです。

 

空港までの送迎を私がしていたのですが、車の中で私レベルにもいろんなことを教えてくれるんです。

東京1号店が出来たときに私も立上げで行ってたのですが、武川先生が奥様と来店され、私に気付いて奥様に紹介されました。

 

「この人が河野君と言って、この人で会社がもってるくらいの中心人物なんだよ」と。
もう、泣きそうになりましたよ。