飲食店繁盛会との出会い

飲食店コンサルタントとしても、また中小企業診断士としても食っていけるようになったときに、次に出てきた問題が「個人事業の壁」でした。

 

一匹狼のフリーランスでやっていくのもOKなのですが、日雇いのような時間の切売りの仕事なので天井が早いんです。

 

それ以上になるためには、単価を上げるしかありません。

 

もしくは、コンサル以外の売上を立てるか。

 

「個人とは契約できない」という会社もあります。

 

事務仕事から全部1人でやらないといけないし、コンサル仕事に集中したいというのもありました。

 

それに、1人で寂しいですしね(笑)

 

 

かといって、せっかく独立して、「これからは一匹狼のフリーランスで気ままに生きていこう」と思っていたのに、今から会社を立ち上げて・・・・・というのも面倒だし(それからいろいろあって、結局今では、飲食店コンサルタントは「ワイエス・トレーディング」という個人会社で、中小企業診断士は個人事業で、という形でやっています)

 

その時に思いついたのが、「どこかのコンサル会社とパートナーで組もう」ということでした。

 

何社かアポを取って会いに行きました。

 

まぁこれが、ヒドイ会社ばかりで。

 

今は潰れて無い会社も結構あります。

 

上場企業で、都内のカッコイイビルに事務所があり、ブイブイ言わせていた会社にも会いましたが、「専務取締役27歳」というホストみたいな人が出てきて…。

 

その会社も倒産して、今はありません。

 

 

その時に会った中の1つが、飲食店繁盛会でした。

 

元々は、ある飲食コンサルタントの方がきっかけになった会のようで、それぞれが仕事をやっている人間の集まりの団体というか、バーチャルカンパニーのような感じでした。

 

逆にそういうラフな感じが気が合って、一緒にやることに。

 

たまたまちょうどその時に、飲食店繁盛会が法人化するタイミングで、「だったらオレにも出資させてよ」ということで、出資して参加しました。

 

ただ、対外的に分かりにくいので、分かりやすくするために当初は役員として(飲食店繁盛会メンバーとして)見せていました。

 

その後、ブランディングが出来てくると、逆にそれが対外的に分かりにくくなって弊害が出てきたので、今は明確にパートナーとしています。

 

 

以前書いたように、私は独立したタイミングで退職の挨拶状とかは一切出さずに、それまでの人脈やつながりは、全て一旦リセットしましたが、

ameblo.jp/yjkn/entry-12233238451.html

 

私の名前が知られてくるようになると、さらには、その頃から広がってきたSNSの影響もあり、前職の関係者の人達に私の活躍(?笑)が知れ渡るようになります。

 

その時、前職時代の私を知る人達全員から言われたこと。

 

それは、

 

「え~~~!!!本当にあの河野部長ですか???同一人物とは思えない!!!マジですか!!!優しい顔になってる!!!」という驚き(笑)

 

前職時代は、苦虫を潰したような顔をして仕事してましたからね。

 

なめられないように、オーラと強面を演出していましたから。

 

虚勢を張ってたかな。

 

私の笑顔自体が信じられないようでした(笑)

 

それが今では…www

 

 

もう1つ。

 

文章力がないのは自覚していますが、今、365日毎日ブログを書いています。

 

そのネタやテーマに困らないというか、着眼点や発想がどんどん浮かび続けるのは、今思えば前職時代からなんです。

 

当時、FネットというFAXの一斉送信機能がありました。

 

その機能を使って、私が気になったことを文章にして、毎日、何百店という全店にFAXを一斉に流していたんです。

 

毎日です。

 

臨店したり日々の営業統轄の中で、気になったことや注意して欲しいことなどを。

 

当時、私はパソコンは使えないし字が汚いので、私の下書き原稿を部下に清書してもらって(笑)

 

もしくは、出張先から電話で口頭でしゃべって、それを文章にしてもらったり。

 

今なら、カンタンな仕組みがいくらでもありますけどね。

 

1~2年くらい続けたと思います。

 

トータル数百枚。

 

 

独立後、当時の部下の数人から、「あの当時の河野部長の数百枚のFAXは、今でも全部持っています。あれは良かったです。今では宝です」と言われました。

 

嬉しかったですね。

 

そう考えると、やっぱり向いているというか、ストーリーがつながっているんだなぁ。