コンサルとして独立を決意

東京は仕事で数回来たくらいでよく分からず、どこに住もうかという目で見たときに、田舎もんの私には、とても住む場所とは思えませんでした。

 

屋根伝いにどこまでも行けそうな、ゴミゴミした街並み。

 

「広々30坪!」というキャッチコピーを見て、(30坪で広々?????)と、田舎もんの私には意味が分からない。

 

ビルとビルの谷間にある狭い公園で遊ぶ子供を見て可哀そうで、「こんなところで子供を育てたくない」

 

何しろ当時、娘が通っていた大分の幼稚園が、山の上にある4,000坪~6,000坪くらいありそうな幼稚園で、動物園かっ!というくらいに動物も飼っていて、グラウンドも広大で、毎日泥んこになって疲れ切って帰って来てたんです。

 

 

出店していたのも千葉と北関東だったので、千葉に住もうと思いました。

 

でも、船橋とか柏とか見ても、「東京と変わんねーじゃん」

 

かといって、あまり遠くても不便なので、「東京に近い田舎はどこか?」と探して決めたのが、いま住んでいる千葉県白井市です。

 

 

こっちに来るにあたって、親会社からの出向という形だと腰掛け的に思われるし、本気度を見せるために転籍しました。

 

親会社は退職です。

 

もともと、辞意を言いましたしね。

 

再び現場に出て「よしっ!」という気持ちだったのですが、どうしてもスパイ的に見られるというか、関係がギクシャクしてしまいます。

 

また、それまでずっと類まれな創業経営者を見てきたこともあり、それと比べるのも悪いですが、金銭よりも浪花節がモチベーションになる私は、モチベーションも下がってきて…。

 

 

もうすぐ40代になるというのも大きかったです。

 

独立するなら、このタイミングだなと。

 

 

2人目の子供ができるのも大きかった。

 

1人目の時は、「ホテルが定宿でたまに家に出張する」ような生活だったので(結局、今でもそうですが…笑)、家に帰って抱っこしても、人見知りされてワンワン泣かれるんです。

 

休みもほとんどない生活だったので、幼稚園の行事にもあまり参加できず。

 

千葉に来ても、どこにも連れて行ってやれず。

 

小学校に上がるタイミングでしたし。

 

また400~500時間/月&363日労働をやって、「またあれを繰り返すのもなぁ…」と。

 

いろんなことが重なって、やっぱりこのタイミングだと思い、コンサルとしての独立を決意しました。

 

親会社は退職して転籍していたので、今度はスムーズに。

 

この時38歳。

 

2人目の子供が生まれる前月に退職したので、「2人目の子供の年齢=独立年数」で分かりやすいんです。

 

 

上場を経験したおかげで、数年間は生活できるくらいのお金はあったので、生活の心配はなく、しばらくは自分の弱点を補うことにしました。

 

パソコン教室、簿記の学校、そしてこれまで体験したコンサルを反面教師として、過去の経験の切り売りにならないよう、体系的な経営の知識を学ぶべく、中小企業診断士の学校にも入り、3つ同時に始めました。

 

38歳にしてパソコンを覚え、簿記は3~4ヶ月で2級まで取りました。

 

今でこそ、偉そうに数字の本を出したり、数字のセミナーをしたり、もちろん数字でコンサルしますが、簿記を覚えたのもこの頃なんです。

 

 

さすがに中小企業診断士は、ここまで難しい資格だとは知らなかったので(当時の合格率が確か2%程度)、2年かかりました。

 

それでも早いと言われたりもしますが。

 

40歳の時です。

 

40年間で1番勉強しました。

 

高校の時の同級生から、「お前は本気になるのが20年遅かった。20年前に(高校は一応進学校だったので)それくらい勉強してたら、東大に行けたはず」と言われるくらい勉強しましたよ。

 

まぁ、やる気にならないとしませんからね。

 

 

独立して、精神的に1番嬉しかったのは、「深夜にケータイが鳴らない」ことです。

 

24時間営業年中無休でしたから。

 

当然ながら、深夜に取締役営業部長に電話するのは勇気が要ります。

 

例えばクレームで、お店で対応できずに店長に連絡がいって対応する。

 

それでも対応できず、エリアマネジャーが対応する。

 

で、それでも対応できないから、仕方なく深夜に私に電話する。

 

つまり、深夜にケータイが鳴った時点で、「大変なトラブル決定!」なわけです。

 

この電話が鳴らないのは、精神が安らかになりました(笑)

 

 

これまでの反動で、毎月のように旅行にも行きました。

 

仕事もせず無収入で、毎月の生活費+旅行代なので、結構贅沢に散財しました。

 

 

家で料理を作ったりもしました。

 

朝から、まるで旅館の朝食のような準備をして、家族から「お父さんが作ると、量が多すぎてこんなに食べれない!」と言われ。

 

 

また、この時に決めたことがありました。

 

「退職の挨拶状とかは一切出さずに、これまでの人脈やつながりは、全て一旦リセットする」ということです。

 

前に書いたように、私の前の歴代の営業部長もそうですが、一般的にはこれまでのつながりや取引先を伝って、そこにコンサルで入り込んだり、紹介してもらったりするのが普通ですが、私はそれが嫌だったので一切しませんでした。

 

なので今の人脈や体制は、この時リセットしてからの、全くのゼロベースから築いたものです。

 

縁もゆかりもない、この東京で。

 

 

正しくは、無収入ではなく多少は稼いでいました。

 

それは・・・