「15坪以下の<経営者=店長>の個人店」は、この3つで絶対に売れる!


★【飲食店経営者が教える、飲食店経営者のための実践数字

 (会計・税金・・・)セミナー】~11月13日(火)14:00 丸の内

www.hanjoukai.com/seminar_121113.html

★「浜松餃子まつり2012」グランプリ受賞餃子販売開始!
今なら記念価格!(10月31日まで)
shop.hamatarou.jp/

A型看板40%OFF! あの中村心さんの看板事例付き!
 店頭スタンドも通常価格よりさらに10%OFF!(11月30日まで)
www.menubook.jp/SHOP/852001/885798/list.html

本来、個人店だろうがチェーン店だろうが、

規模に関係なく原理原則は同じなのですが、

特に、「15坪以下の<経営者=店長>の個人店」は、

次の3つで、絶対に繁盛店になります。

1.今、目の前にいるお客様に集中し、

 今日、来店されたお客様全員に対して、

 「何が何でも、絶対に満足して帰っていただく!」

 ことを決意する。

2.帰られるお客様1組1組に対して、

 「このお客様は、絶対に満足していただけたはず。」

 「このお客様も大丈夫。」

 と、自分の中で確認をする。

3.最後に、「またぜひ…」と、再来店を促す。

 「もしよろしければ・・・」と、紹介をお願いする。

この3つです。

グルメサイトや看板、メニューブック、チラシ・・・

等の、“道具”の問題じゃないんです。

抽象論に聞こえるかも知れませんが、そうではなく、

この3つによって、お客様から目を離さなくなるし、

知恵も湧いてくるし、結果的に接客にしろ、料理にしろ、

何にしろ、いろんなことが良くなっていくんです。

敢えて、エラそうに反感覚悟で言わせていただければ、

立地とあまりにもミスマッチの、

とんでもない業態でもしない限り、

「15坪以下の<経営者=店長>の個人店」は、

絶対に売れます。

繁盛店まではともかくも、売れない、やっていけない、

ということは、あり得ないんです。

というか、あり得ないんだと思い込んで下さい。

この3つができてないだけです。

■私のフェイスブックはこちらです。フィード購読はご自由に。
www.facebook.com/yuji.kawanojp

■ツイッターはこちらです。気軽にフォローを。
twitter.com/yuji_kawanojp

飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治

いつもありがとうございます。ポチッとね。   

        ↓   ↓   ↓
   
     人気ブログランキングへ

    ↓ 読者登録はこちらから ↓

    読者になる

 河野のツイッターアカウント

⇒ 河野のフェイスブック

 飲食店繁盛会

■コンサル実績はこちらから

www.hanjoukai.com/case.html

■セミナーを依頼する

⇒ www.hanjoukai.com/koushihaken.html

■コンサルメニュー一覧

www.hanjoukai.com/service.html

■初回無料相談実施中!(予約制~毎週4名様限定)

 売上UP、メニューブック、Web、開業、新業態、他
www.hanjoukai.com/muryousoudan.html

■メニューブックカバーやA型看板等の

 お店の備品が20%OFF!

www.menubook.jp/

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

またまた憂鬱だったと……他のクライアントにも同調されそうだなww

年末に、嬉しいお礼メールの件をブログにアップしました。
【本当に嬉しいプレゼント。「売上が上がり……資金も余裕……収入も……」】
kawanoyuji.com/?p=18516
すると久し振りに以前の顧問先から連絡があり、「オレもお礼のメールを送りたい!」と。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字