メルマガ発行しました!【メニューの価格をわかりやくすると満足度と客単価が上がる!】

新刊、好評発売中です!
「繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え 」
 p.tl/Lbcy
 
ついに5刷決定!台湾でも発売!
「これだけは知っておきたい 儲かる飲食店の数字」
 p.tl/C1n9
 
 
 
メルマガ(vol.509)発行しました!
 
【メニューの価格をわかりやくすると満足度と客単価が上がる!】
 
*メルマガ読者登録はこちらから。
 www.hanjoukai.com/free.htm 
 
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
 
新刊「繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え 」
売れてます。
 
アマゾンの在庫切れも解消です。

アマゾン→  p.tl/Lbcy 

それから前著、

「これだけは知っておきたい 儲かる飲食店の数字」も
増刷が決まりついに5刷りとなりました。
好評ですのでまだ読んでいないようでしたらどうぞ。

アマゾン→ p.tl/C1n9 

それと、そろそろメニューカバーの在庫が

少なくなってきたようです。
何度かご案内していますが、
必要は方はできるだけ早めにお願いしますね。

増税の為3月は在庫切れ必至!

メニューブックカバー2大キャンペーン
→ www.menubook.jp/SHOP/852001/971064/list.html 

最後に引き続き、スタッフ募集中です。詳細は後半で。

それでは、今日のワンミニッツセミナーです。今日は、

【メニューの価格をわかりやくすると満足度と客単価が上がる!】

というテーマでお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日のワンミニッツセミナー(vol.509)
……………………………………………………………………
メニューの価格をわかりやくすると満足度と客単価が上がる!
──────────────────────────

私たちがメニューブックを新しく作るとき
商品の価格のどこをチェックすると思いますか?

それは主に次の4つです。

 1.価格ライン(価格の種類)は減らす
 2.価格の端数は10円単位で端数を2種類程度にそろえる
 3.上限価格は抑える
 4.下限価格は上げても良い場合が多い

なぜこの4つをチェックするかと言うと、
お客様に「価格がわかりやすい」と思ってもらうためです。

商品の価格がわかりにくいと、
お客様はお支払いのトータル金額を警戒して、
「●●●●円くらいでおさえよう」と
計算しながら注文する傾向にあります。

だから、私たちがメニューブック、各商品単価を見て、

「客単価4,000円弱のお店なんだろうなぁ」と思って

お店に確認してみると、実は客単価がドリンクも含めて
2,500円くらいだったということがよくあります。

これは、お客様がメニューを見ながら、おっかなびっくり

 「3,000円以内で抑えなければ…」

と計算しながらオーダーしているからなのです。

そういうお店のメニューをリニューアルする際に、
商品自体と価格をわかりやすくした結果、
お客様は、警戒しないで好きな商品を注文するようになり、
客単価が少し上がったにもかかわらず、

 「これだけ食べて飲めば、このくらいなら安いよね」

と満足して帰っていただけます。

価格に対する警戒感がなくなり、
自分の好きなものを好きなだけ頼んで楽しんだ結果です。

4つのポイントを簡単に解説します。

1.価格ライン(価格の種類)は減らす

「お客様にとって意味のない価格差はやめましょう。」
ということです。

ひとつのカテゴリに、
380円、390円、480円、690円という
商品があったら価格ラインは4つです。

例えば、上記のように同じカテゴリ内に
10円、20円差の商品があるメニューをよく見ます。

お店にっては、多少原価が違うのかもしれませんが、
お客様にとっては関係ない場合が多いです。
お客様は原価を考えながら注文はしていませんので。

その辺りを考えながら、
390円の商品を380円にするなどして
価格の種類、つまり価格ラインを減らします。

2.価格の端数は10円単位で端数を2種類程度にそろえる

例えば、このメニューは、十円単位を80円と30円の
2つでそろえようなどと決めることです。

これも安心感につながります。

3.上限価格は抑える

お客様は、高い商品を見て、

「この店は高いんだ!気をつけよう」

という印象を持つ傾向にあります。

ですので、商品価格の上限を決めてしまうことが多いです。
例えば、580円以上の商品はメニューブックに掲載しない!
などです。

4.下限価格は上げても良い場合が多い

安い商品は50円、100円くらい値上げしても
お客様はあまり気にしないことがわかっています。

なので、上限を抑えかわりに
下限を上げて価格調整をしたりします。

というわけで、今日は、
メニューの価格についてのお話でした。

ではまた!

                    笠岡

追│伸│
─┘─┘
   

引き続き飲食店繁盛会では、スタッフ募集しています。
下記、2つの職種の募集をしています。
実力に応じて社員としての採用も考えています。

(1)簡単なホームページ更新アシスタント・事務アシスタント
   (パート・アルバイト/時給950円~)

  *通販サイトの店長ができる方は、

    社員登用も考えております。

  弊社運営の通販サイト「メニューブックJP」の店長業務や
  あまり技術いらないホームページの更新や

  発送・電話応対など、
  事務仕事のお手伝いをしていただける方募集です。

  ・週5日程度、1日8時間程度(フルタイム)
  ・パソコンのキーボード入力が普通にできることは必須。
  (ワード、エクセルも使います。)

(2)デザインアシスタント(時給1,000円~)

  *実力等に応じて社員採用もあります。

  ◆弊社で作成しているメニューやパンフレットなどの
   修正やバナー作成、写真の加工などをする
   デザイナー、デザインアシスタント募集です。

  ・Adobe Illustrator、Photoshop等が使える方で、

   経験者優遇です。
  ・週3日~週5日 1日8時間程度。

【飲食店繁盛会での仕事ですので、

飲食が好きな方が条件です。】

  また、飲食店コンサルティング会社なので、

  飲食店経営に関する知識を身近で得ることもできます。

応募は、「【採用希望】お名前」という件名でメール
(→ omise@hanjoukai.com ) をいただくか、直接お電話にて
お問い合せください。(→ tel. 03-5302-9841 )

まずは書類(履歴書など)を送っていただき、

書類審査をさせてもらい、
その後、数回面接となります。よろしくお願いします。

┏━┳━┓
┃編┃集┃
┣━╋━┫
┃後┃記┃ 
┗━┻━┛ こんにちは。飲食店繁盛会の植田です。
立春を過ぎたというのに、この寒さと雪…。
      電気毛布と湯たんぽが手放せません!!
      春が待ち遠しいです~。

                  (植田)

 
 
 
飲食プロデューサー、中小企業診断士
河野 祐治
 

 

■初回無料相談・全国出張コンサルティングの依頼

⇒ www.hanjoukai.com/muryousoudan.html 

■講演・セミナー・研修のテーマと依頼

 www.hanjoukai.com/koushihaken.html 

■コンサルティングサービス一覧

 www.hanjoukai.com/service.html 

■実績紹介

⇒ www.hanjoukai.com/member/?cat=277 

■メニューブックカバーやお店の備品が20%OFF!

⇒ www.menubook.jp/ 

■私のフェイスブックはこちら
 
www.facebook.com/yuji.kawanojp 
■私のツイッターはこちら

⇒ twitter.com/yuji_kawanojp

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

2020.9.12 お知らせ

お酒をやめました!

飲食店コンサルタントとして、また飲食業界人としてどうなの?
ということもありますが、当然ながらそんなことより、命の方が大事です(そういう患いだったということです)

2020.9.10 お知らせ

申し訳ありませんが、今後、セミナー講師の仕事はやりません

やりたくないのではなく、迷惑をかけるのが怖いんです。
今回、深夜の嘔吐から始まったのですが、「今日はダメだ」と思ったときに、真っ先に頭に浮かんだのは、「今日がセミナーじゃなくて良かった」です。

3月23日(月)に、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

3月のセミナーは、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字