「売上問題=モチベーション&コミュニケーション問題」なのかもよ

 

★直近のセミナースケジュール

 

【東京・立川】6月11日(月)14時~
 kawanoyuji.com/?p=15060

 

【東京・品川】7月4日(水)14時~
kawanoyuji.com/?p=15548

 

New!
【札幌】7月11日(水)13時~
kawanoyuji.com/?p=15870

 

 

<< 私への依頼や相談はこちらから >>
 https://kawanoyuji.com/?page_id=9853

 

 

 

ある顧問先の居酒屋は、立地的にランチニーズがあるのでランチ営業をやっていますが、ランチはパートのみでの営業。

 

社員はランチ後の出勤。

 

 

別の顧問先は、昼も夜もパート・アルバイトでの営業。

 

社員なし。

 

それでも、モチベーション高く営業しています。

 

 

顧問先は、日々の営業報告はメールで行っています。

 

もちろん、私宛てではなく社長宛て。

 

私が上司ではないので。

 

でも、そのメールは、私や店長全員に届きます。

 

私には全顧問先の店舗から届くので結構な数ですが、全部を見ています。

 

そして時々、私からも返信をします。

 

フォーマットも決めていますが、これがなかなか効果があります。

 

全員に見られますからね。

 

 

で、社員ゼロのお店をどうしようかと顧問先と話し合った結果、パートの人に昼夜それぞれメール報告をしてもらうことにしました。

 

すると、これが大成功。

 

社長もガンガン返信して、今、顧問先でコミュニケーションのやり取りが1番活発。

 

全く返信がない社長もいるからね(と、ここでチクチクww)

 

私への報告と勘違いしている社長もいるし(さらにチクチクww)

 

 

数字も良くなってるし、やっぱり1番はスタッフのモチベーションアップなんですよね。

 

自販機が売っているわけではなく、「人が人を使って人をもてなす仕事」だから。

 

数字が悪いと、どうしてもメニューやら何やらに目がいきがちです(もちろん、それが問題のパターンもある)

 

でも、

「現場のモチベーションは大丈夫か?」

「コミュニケーション問題は大丈夫か?」

を先に確認した方がいいね。

 

 

飲食店コンサルタント 河野 祐治

私のオフィシャルサイトはこちら
kawanoyuji.com/

 

 

■河野祐治とはどんな人?
kawanoyuji.com/?page_id=9736

 

■結構な数でメディアに出ています
kawanoyuji.com/?cat=7

 

■私のサポート内容はこんな感じ
 kawanoyuji.com/?page_id=9739

 

■私への依頼や相談はこちらから
 https://kawanoyuji.com/?page_id=9853

 

フェイスブック
www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

ツイッター
twitter.com/yuji_kawanojp

 

インスタグラム
www.instagram.com/yuji_kawanojp/

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

サイフォンで出汁をとる絶品スープのラーメン

WRGP(ワールドラーメングランプリ)というのがあります。
www.wrgp.jp/
優勝賞金は1,000万円。
あの一風堂の河原さんが総合プロデューサー。
審査員には、八兵衛の八島さんも。

右肩上がり

今週の締めくくりは、博多2連チャン。
同じエリアにクライアントが複数あるのは効率が良い。
あっ、ただ、現クライアントに影響がある案件はやりませんので。

なんでもっと早く行かなかったんだ!と後悔してる。目がさめたよ。「うどんとちょい飲み つきよし」

発祥のお店は行っておいて方がいいと、先日、書きました。
「炉端発祥はどこか知ってる?」
kawanoyuji.com/?p=16738
今ブームのうどん酒場は、博多が発祥だと言われています。
その中でも、いろんなお店が発祥のお店だと言われていますが、実はこのお店が発祥です。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字