歴史はパクれない。浅草でお手伝いした「浅草うまいもん あづま」


人気のメニューブック「LSシリーズ」特価キャンペーン
25%OFF!【9月30日まで】
www.menubook.jp/SHOP/997831/997828/list.html
今週は、銚子からスタート。
公共施設の商品開発からプロモーションまで、
マーケティングをフルサポートしています。
民間飲食店同様、ストーリーが大事。
ちょっと違うのはコンバージョン。
つまり、館の集客自体ではなく、
館に来店された方の立ち寄り率をどう上げるか?
なのです。
良い感じです。
たぶん、ビックリするくらい売れると思います(笑)
ところで、先日のセミナー後の講師の方々のと打ち上げは、
浅草の 「あづま」でした。
つい最近、この夏にお手伝いしたお店です。
「浅草うまいもん あづま」
 aduma.tokyo/
(↑もちろん、このHPも繁盛会で)
もともと繁盛店。
なので、売上アップではなく、
メニューやもろもろを整えるイメージ。
繁盛店で売上に困ってないのに、
安住することなく、ブラッシュアップを続ける。
こういうお店は、本当に強いです。
パクリが横行する飲食業界において、
絶対にパクリようがないものが「歴史」です。
老舗ですね。
なので、その強みがある場合は、
そこを強調することが多いです。
イコール信用につながりますから。
ビフォーの表紙。
作業中の付箋が貼ったままで見苦しくて済みません(笑)
で、これがアフターの表紙。
このコンセプトの違い、分かりやすいでしょ。
仲見世通りの近くにあり、観光客がメインなので、
和洋折衷のメニュー。
でも、商品レベルは高いですよ。
この日はコース仕立てで。

せっかくなので、名物メニューも。
ヒレのっけオムライス。
面白いでしょ。
カツ丼の頭。
五目野菜そば。

その他、メニューはこちらから見れます。
 aduma.tokyo/menu/
浅草に行かれた時は、ごひいきに~~
浅草うまいもん あづま


いつもありがとうございます。ポチッとね。   

        ↓   ↓   ↓

       
       人気ブログランキングへ

     ↓ 読者登録はこちらから ↓

     読者になる


■初回無料相談・全国出張コンサルティングの依頼

www.hanjoukai.com/muryousoudan.html

■講演・セミナー・研修のテーマと依頼

www.hanjoukai.com/koushihaken.html

■コンサルティングサービス一覧

 www.hanjoukai.com/service.html

■実績紹介

www.hanjoukai.com/member/?cat=277

■メニューブックカバーやお店の備品が20%OFF!

www.menubook.jp/


★著書「これだけは知っておきたい 儲かる飲食店の数字」
 p.tl/C1n9

★著書「繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え 」
p.tl/Lbcy


メールl: yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

ツイッター: twitter.com/yuji_kawanojp

フェイスブック: www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

3月23日(月)に、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

3月のセミナーは、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字