自店の土俵は明確に

日経レストラン の人気コーナー「新・悩み解決クリニック」の仕事で、

都内某所のイタリアンレストランへ。

雑誌が発売になるまでは、店名等は言えませんが、

これが、なかなか良いお店なんですよ。

1番人気のアラビアータ。さすが1番商品、という感じです。

【飲食コンサルの独り言】~繁盛店になるのは難しくない!~-アラビアータ

パンチェッタときのこの醤油味。この和風テイストもなかなか。

【飲食コンサルの独り言】~繁盛店になるのは難しくない!~-パンチェッタときのこの醬油味

きのこのリゾット クリーム風味。

個人的な好みだと、今回の試食の中では、これが1番。

【飲食コンサルの独り言】~繁盛店になるのは難しくない!~-きのこのリゾット クリーム風味

「新・悩み解決クリニック」って、お悩み飲食店を実際に訪問して、

お店を見てアドバイスして、2~3ヶ月後にどうなっているか?

という企画なんです。

数ヶ月サポートさせてもらえるなら、ある程度自信はありますが、

1回のアドバイスで実行は委ねる、というのは、

正直、どういう結果になるか不安です・・・。

でも、今回は大丈夫だという気がします。

小手先の戦術ではなく、そもそもこのお店は根本的にどうあるべきか、

という、戦略的部分で理解・納得していただき、

将来的な道筋まで見えたからです。

言いかえると、自分の土俵を明確にするということです。

海外の修業経験とか、こだわりの食材とか、

料理人としての技術とか、真似できない料理とか、

そういう土俵もありますが、みんながそこを

土俵にする必要はないし、人の土俵でムリすることはないのです。

こういうことを言うと、誤解を受けるかも知れませんが、

何も商品というのは、いわゆる食べ物・飲み物だけではありません。

お店が繁盛しているところをイメージすると、

どういうビジュアルが浮かぶか?

どういう利用動機何だろう?

どういう満足を提供できているのだろう?

そこら辺を考えると、自ずと答えは見えてきます。

まぁでも、どんな形でも、自分が関わったお店は、

絶対にうまくいって欲しいので、仕事とは関係なく、

1人のお客としてのぞきに行こうかなぁ。。。

                           

                             出張相談 やってます。

読者になる





 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

またまた憂鬱だったと……他のクライアントにも同調されそうだなww

年末に、嬉しいお礼メールの件をブログにアップしました。
【本当に嬉しいプレゼント。「売上が上がり……資金も余裕……収入も……」】
kawanoyuji.com/?p=18516
すると久し振りに以前の顧問先から連絡があり、「オレもお礼のメールを送りたい!」と。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字