納品伝票と照らし合わせたって意味ないよ

 

新刊出ました!

500店舗を繁盛店にしたプロが教える 3か月で「儲かる飲食店」に変える本/日本実業出版社

 

■メールで私へ依頼や相談をする方はこちら

  ⇒ yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

 

■フェイスブックはこちら

  ⇒ www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

■ツイッターはこちら

  ⇒ twitter.com/yuji_kawanojp

 

 

 

以前にも書いたのですが、最近また、同じようことがあったので再度。

 

「食材の納品時に、納品伝票と照らし合わせてどうすんの?」って話。

 

納品伝票通りに納品されたからって、何の意味があるの?ってこと。

 

分かります?

 

大事なことは、「発注した通りのモノが納品されているか?」ってことでしょ?

 

納品伝票通りに納品されてても、そもそもそれが発注した内容と違ってたら意味ないでしょ?

 

つまり、照らし合わせるのは納品伝票ではなく、発注書ということ。

 

それが検品の意味。

 

もっというと、検品って、検数と検質のことです。

 

検数とは、今、説明したこと。

 

これは誰でもできます。

 

検質とは、文字通り質のチェック。

 

「取引を始めるときに取り決めた品質通りか?」ということ。

 

取り決めた品質というのは、下限品質です。

 

最低限の品質基準です。

 

それ以下は返品しますよ、受取ませんよ、というラインです。

 

なので、検質は誰でもできる訳ではありませんし、検質の方が数倍重要です。

 

入口で食い止めるのですから。

 

メニューの品質に1番影響を与える部分ですから、ここがおざなりだと、納品後にいくら手間をかけても品質を落としてしまいます。

 

おざなりなお店が多いですよ。

 

 

つもありがとうございます。

ポチッとね。 

↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

 

↓ 読者登録はこちらから ↓

読者になる

 

飲食店コンサルタント、中小企業診断士

河野 祐治(かわの ゆうじ)

 

新刊出ました!

500店舗を繁盛店にしたプロが教える 3か月で「儲かる飲食店」に変える本/日本実業出版社

 

売れるメニューブックノウハウの集大成!

手書きメニューのノウハウも収録

飲食店完全バイブル 売れまくるメニューブックの作り方/河野 祐治
 

 

繁盛店作りのバイブル!

繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え/河野 祐治

 

中国と台湾でも販売されてます!

飲食業の数字はこれ1冊でOK

これだけは知っておきたい 儲かる飲食店の数字/日本実業出版社

 

■メールで私へ依頼や相談をする方はこちら

  ⇒ yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

 

■フェイスブックはこちら

  ⇒ www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

■ツイッターはこちら

  ⇒ twitter.com/yuji_kawanojp

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

2019.6.23 新店舗

熊本に良いお店ができました!マジで今、熊本の業界で話題のお店。売れてるよ~~「肥後串焼 塩だしおでん ひご屋」

熊本にまた1つ、良いお店ができたよ。
実は3か月前にオープンしていたのですが、メニューやオペレーション等のチューニングがやっとできたので、お披露目です。
「肥後串焼 塩だしおでん ひご屋」

7月のセミナーは、「山形県山形市」「東京都文京区」「長崎県長崎市」に行きます!特に地方は、都会とは違う地方の繁盛ノウハウを話すからぜひ!

7月も、セミナーで全国をまわります!まずは、7月4日(木)に山形県山形市。主催は、日本政策金融公庫 山形支店。

6月の一般参加OKのセミナーは、「大阪府吹田市(24日)」「静岡県浜松市(26日)」の2つ!

怒涛のセミナー全国ツアーが始まります。6月は、●大阪府吹田市【6月24日(月)】●静岡県浜松市【6月26日(水)】です。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字