こんな状況でも頑張ってる店

この週末、千葉の会員のお店が、過去最高日商を記録した。

東京の会員のお店は、震災に対して、自粛・不謹慎の風潮に対して、

お店の思いを顧客にメールで送ったら、

2~3日満席が続き、お客さんとの距離も近づき、募金も集まった。

別の東京の会員のお店も、同様にメールを送ったら、

お客さんから、握手されるくらい距離が近づき、

結果的に3月の売上は前年対比110%になりそう。

これらのお店に共通しているのは、日頃から顧客管理ができてて、

距離感も近く、顧客情報を持っていることです。

単なる集客マーケティングの手法みたいな

話をしているのではありません。

そんな心のない、想いのないものは、

手痛いしっぺ返しをくらいます。

また、別の東京の会員のお店も、計画停電のときは売上が下がるが、

それ以外のときは、完全に売上が戻ってる。

オーナー曰く、

「お店の方針として、計画停電が21時半に終わっても、とにかくお店をあける。人件費をきちんと使ってスタッフを揃える。計画停電あるなしに関わらずきちんと仕込む。アルバイトの採用者にちゃんとお店にでてもらう。アルバイトも必要いじょうに待機させず、使う。辞められるリスクのほうがダメージがでかいので。何とか強引に通常通りにやろうとしてますが、皆落ち着かない感じにバタバタです。停電を避けて仕込みをしたり、出勤時間が変動しているなか、スタッフも頑張ってくれています。」

抽象論は好きではないですが、

やはり、経営者の想い・姿勢・意思なんでしょうね。

飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治 

 河野のツイッターアカウント

 飲食店繁盛会       

                     

いつもありがとうございます。ポチッとね。   

        ↓   ↓   ↓  

   人気ブログランキングへ

   ↓ 読者登録はこちらから ↓

  読者になる

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

3月23日(月)に、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

3月のセミナーは、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字