大繁盛餃子の八仙も行っとけ

 

★私の直近のセミナースケジュール

 

【札幌】7月11日(水)13時~
kawanoyuji.com/?p=15870

 

NEW!
【東京・秋葉原】9月18日(火)開講~私の担当は第5回の11月20日(火)
kawanoyuji.com/?p=16302

 

 

<< 私への依頼や相談はこちらから >>
 https://kawanoyuji.com/?page_id=9853

 

 

 

仙台では、ここの大繁盛餃子も行っておきましょう。

 

八仙(はっせん)
tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000029/

 

文化横丁にあります。

 

 

 

 

メニューはこんな感じ。

 

ごく普通。

 

でも、安くない。

 

 

 

焼き餃子。

 

王道な味で美味いです。

 

小ぶりでジューシー。

 

 

 

蒸し餃子。

 

 

 

水餃子。

 

 

 

青菜の炒め。

 

 

 

うす豚ニンニクソース。

 

 

 

チャーハン。

 

 

 

ラーメン。

 

 

 

どれも昭和な味で安心感があります。

 

また、何十年も働いているようなおばちゃんたちの接客が良い。

 

東京の有名繁盛酒場って、「店>客」みたいな店が結構あるじゃないですか。

 

店の方が上から目線で、お客様の方が恐縮して食べるみたいな。

 

うちの店のルールをちゃんと調べてから来い!みたいな。

 

あれって、何でみんな行くんだろう?

 

みんなマゾなのか?

 

いくら美味しくても、有名店でも、繁盛店でも、オレはそんな店は嫌だね。

 

行かない。

 

酒場じゃなくて高級店でもあるけどね。

 

お客様に楽しんでもらおう、満足してもらおう、良い気分で帰ってもらおう、喜んでもらおう、という気持ちがないお店は飲食店じゃない。

 

自己チューな水商売だよ。

 

話がそれたけど(笑)、というわけで八仙もぜひ!

 

八仙(はっせん)
tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000029/

 

 

飲食店コンサルタント 河野 祐治

私のオフィシャルサイトはこちら
kawanoyuji.com/

 

 

■河野祐治とはどんな人?
kawanoyuji.com/?page_id=9736

 

■結構な数でメディアに出ています
kawanoyuji.com/?cat=7

 

■私のサポート内容はこんな感じ
 kawanoyuji.com/?page_id=9739

 

■私への依頼や相談はこちらから
 https://kawanoyuji.com/?page_id=9853

 

フェイスブック
www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

ツイッター
twitter.com/yuji_kawanojp

 

インスタグラム
www.instagram.com/yuji_kawanojp/

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

2018.7.16 ブログ

「地方の家賃で都会の売上」の先にあるもの。そして「名ばかり管理職で残業代が出ないチェーン店の店長問題」

「地方の家賃で都会の売上」
私がいつも言っている、1番儲かるパターンです。
でも、さらに先があって、私の3つのテーマの2つ目が加わって、
kawanoyuji.com/?page_id=9739
【地方の家賃で都会の売上と人件費】
が痛快な理想形です。

最近の増えてる話

人材の話を続けますか。
「人不足による閉店」
増えています。
「新店でお店はできたけど、スタッフの採用ができてないから、まだオープンできない」
これも増えています。

ホワイトとは、待遇が良いということではない

現在進行形の作っている新店の数を数えてみたら、14案件ありました。
そりゃ、頭が混乱するはずだ(笑)
そのうち、半分の7案件が顧問先の次の出店。
それが、新規を受けられないことが多い理由でもあるんだけど。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字