あの会社を倒産させた社長4人が語る「倒産の分岐点」

「ヘアコンタクト」という商品を覚えていますか?

腕や顔に毛が生えているように見せた派手なCMを

やっていたアレです。

98年の冬季長野オリンピックや、

2002年の日韓共催ワールドカップで、

風船を使った派手な演出で注目を集めた「風船工房」

たばこの輸入や販売の自由化を背景に、

いち早く高級たばこを輸入する会社を興して、

5年間で17億円まで成長した「日本クレテックシガレット販売」

北関東で、一時11店舗まで飲食店を展開した

「伝説グループ」

京都の高級料亭で、百貨店への出店も広げていた

「わらびの里」

いずれも、注目を集めた後、倒産しました。

そのときの社長が、その過程やどこで判断を間違ったのか、

どうすべきだったのか等、「倒産の分岐点」を語っています。

経営者および、これから創業を考えている方は、

絶対に読むべきです。

年間契約だけで、本屋では買えませんが、

まわりで誰か1人くらいは読んでいるでしょうから、

ぜひ、借りてでも読んでください。

これ以上ないくらいの戒めになります。

⇒ 日経トップリーダー

【飲食コンサルの独り言】~繁盛飲食店になるのは難しくない!~ ←ポチっとクリック応援よろしく。



  ↓ 読者登録はこちらから ↓

読者になる





 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

3月23日(月)に、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

3月のセミナーは、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字