「言い訳と口実」を与えると売れる


コンサルティングやプロデュース・

 セミナー等のご相談は、お気軽にメールで

 yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

ベンツが欲しいけど、

迷っている社長がいるとします。

「ベンツ欲しいなぁ。でも、贅沢だよなぁ。

それに、社員や取引先から、どう思われるか・・・」

みたいな感じ。

それに対して、

「社長に万が一のことがあったら、会社はどうなりますか!

社員も路頭に迷うんですよ!

贅沢とかそんなことではなく、

社長は頑丈な車で自分の身を守る義務があります!」

みたいな「言い訳と口実」を与えると、

「そうだよな。俺のためじゃなく、

みんなに対する“義務”だよな。」

となって買います。

カンタンに言うと、こんな感じ(笑)

【言い訳と口実を与えると売れる】

ということです。

今日は飲まないと決めているサラリーマンに、

「本日、限定入荷!あの●●●酒!

明日はありません!」

みたいな店頭ボードが目に飛び込んでくると、

「これは飲まないといけないよな。

俺は悪くない。これは仕方ない。」

というパターン。

「休肝日(またはダイエット)は明日からでいいじゃん!」

みたいなキャッチコピーとか(笑)

今日はデザートは我慢しようと思っている女性。

「1日の終わりに、ご褒美デザート盛合せ」

みたいなメニュー名にして、言い訳と口実を与える。

すると、

「そうよね。今日はアホ上司の尻拭いで大変だったし、

ご褒美の資格があるわよね。」

となります(笑)

このメニューをオーダーしてもらうには、

どういう言い訳と口実が考えられるか?

それをいろんな角度から考えると、

たくさんありますよ。

売ることを楽しみましょう。

いつもありがとうございます。ポチッとね。   

        ↓   ↓   ↓

       
       人気ブログランキングへ

     ↓ 読者登録はこちらから ↓

     読者になる


■初回無料相談・全国出張コンサルティングの依頼

www.hanjoukai.com/muryousoudan.html

■講演・セミナー・研修のテーマと依頼

 www.hanjoukai.com/koushihaken.html

■コンサルティングサービス一覧

www.hanjoukai.com/service.html

■実績紹介

www.hanjoukai.com/member/?cat=277

■メニューブックカバーやお店の備品が20%OFF!

www.menubook.jp/


★著書「これだけは知っておきたい 儲かる飲食店の数字」
p.tl/C1n9

★著書「繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え 」
p.tl/Lbcy


メールl: yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

ツイッター: twitter.com/yuji_kawanojp

フェイスブック: www.facebook.com/yuji.kawanojp

< br>

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

3月23日(月)に、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

3月のセミナーは、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字