まずは売上。そして中身(=スタッフのための収益性)

 

新刊出ました!

500店舗を繁盛店にしたプロが教える 3か月で「儲かる飲食店」に変える本/日本実業出版社

 

■メールで私へ依頼や相談をする方はこちら

  ⇒ yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

 

■フェイスブックはこちら

  ⇒ www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

■ツイッターはこちら

  ⇒ twitter.com/yuji_kawanojp

 

 

 

*経歴話ではなくて済みませんww

 

 

今年最後の出張、九州巡業の旅でした。

 

今週は4日間しかないので、強行スケジュールで。

 

4日間で、鹿児島~熊本~福岡~長崎を周りました。

 

 

まずは鹿児島から。

 

売上絶好調です。

 

去年の売上が前年対比約140%で、今年がさらにそれの約120%。

 

ただ、派手な前年対比の数字が去年の12月から始まって、ちょうど1周(1年)したので、これからはハードルが高くなります。

 

既に、満席でお断りする日々で、完全にキャパオーバーしていますから。

 

もちろん、もろもろ手は打っていきます。

 

商品の面からも。

 

詳しくは言えませんが。

 

 

 

 

 

 

ランチメニューも投入。

 

 

 

 

こんなビールも。

 

 

 

 

2日目は熊本。

 

熊本のクライアントも絶好調。

 

8月に続いて、2度目の大台に乗りそう。

 

しかも、8月を上回って月商記録を更新しそうです。

 

 

2店舗あるのですが、もう1店の方もファサードをリニューアルして一気にフリー客が増え、売上が跳ね上がりました。

 

お店の顔作りは大事ですよ。

 

熊本もさらにまた、メニューをリニューアルします。

 

手を緩めません。

 

 

 

 

 

熊本では、クライアントのお店から独立したばかりの、元スタッフのお店に顔を出しました。

 

まだオープンしたばかりですが、ランチが好調のよう。

 

クライアントのお店時代のノウハウで(笑)

 

でも、それで良いんですよ。

 

学んで吸収して独立する。

 

で、開業して3年後の生存率が30%といわれる世界で、ちゃんと食っていける。

 

複数のお店を出す人もいる。

 

それが今のスタッフにも良い影響を与えるし、リクルートにもつながります。

 

実は、8月の売上記録を作ったときの店長なのですが、「今月は、お前が作った売上記録を抜くよ」と言ったら悔しがってました。

 

「河野さんのブログは、いつも見ています。何かヒントがないかと思いながら読んでます」と言ってたので、このくらいにしておきます(笑)

 

 

 

 

3日目は福岡。

 

今、私のブログで話題の、あのクライアントですww

 

社長、役員、部長、エリアマネジャー等、全幹部参加の会議。

 

6時間みっちりと。

 

 

遠慮せず(当たり前ですが)、ガンガン突っ込みます。

 

会社全体の業績は好調ですが、私が関係する部分を良くしていかないと。

 

会社がデカイので、どうしても他のクライアントのようなスピード感が出ません。

 

食材の決め方とか、サプライヤーに対する対応の仕方とか、物事の進め方とか、フットワークをもっと軽くとか、「大企業病になってるよ!!!」と攻めまくり。

 

デカイ会社の文化を変えるのは大変なので時間はかかりますが、でも良い方
向に進んでます。

 

手応え十分。

 

もちろんこちらも、メニューをリニューアルしていきます。

 

このパンはね、ちょっとスゴイんですよ。

 

伊達に情報番組を見ていませんよ(大きなヒント)

 

 

 

 

4日目は長崎。

 

福岡を朝出発して向い、終了後、また福岡に戻って飛行機で戻るという強行日程。

(このブログは、その飛行機の中で書いています)

 

長崎空港と熊本空港は使いません(佐賀空港もですがww)

 

福岡空港の方が便利ですから。

 

 

長崎のクライアントは、ずっとお店の前の道路を工事されていて、やっと先週終わりました。

 

なので今月の前半はイマイチだったのですが、工事が終わって一気に取り返し。

 

ただもったいないのが、どうしても宴会希望日時が同じ日に集中して、お断りの嵐。

 

大人数が宴会出来る宴会場があるので、お断りするのが30人とか40人とかの団体ばかり。

 

既に、月商目標に匹敵するくらい、お断りしました。

 

仕方ないけど、もったいないなぁ。

 

どうしても平日じゃダメなの?(笑)

 

こちらも、メニューをリニューアルします。

 

 

 

 

どのクライアントも、常にメニューのブラッシュアップは必須。

 

 

おかげさまで、どのクライアントも売上は好調ですが、特に爆売れしているクライアントは、来年は売上よりも中身です。

 

つまり、「収益性」です。

 

あくまでも、経営は売上ではなく利益ですから。

 

極論すれば、売上が下がっても利益が増えれば良いんです。

 

 

まずは売上ですよ。

 

それが源泉ですから。

 

売上がないのに、利益を議論しても仕方ありません。

 

それから利益です。

 

 

誤解されないように言っておくと、私の言う収益性とは「スタッフのための収益性」です。

 

先日、ブログで書いたこれです。

 

「待遇を良くする唯一の指標 」

ameblo.jp/yjkn/entry-12224355155.html

 

先週、『人不足による飲食店の倒産が増えている』とのニュースがありました。

 

来年は、もっと厳しくなると思います。

 

待遇や福利厚生が良くないお店は、どうしようもなくなるでしょう。

 

仕方ないです。

 

何も飲食業に限ったことではなく、資本主義社会ですから。

 

「夢を語っているだけじゃダメ」ということです。

 

 

飲食店コンサルタント、中小企業診断士

河野 祐治(かわの ゆうじ)

 

 

【お知らせ】

<<2017年のセミナー・講演・研修依頼を受け付けています!>>

全国どこへでも行きます!

つないでくれた飲食店の方には特典があります!

テーマは、「売上アップ」、「メニューブック」、「数字」、「開業」、他、いろいろあります。

全国の商工会議所・商工会・公的機関・信用金庫等の金融機関・業務用酒販店・他、飲食店に関係ある皆さん、よろしくお願いします。

詳しくはこちらから。

ameblo.jp/yjkn/entry-12214602467.html

お待ちしてます!

 

 

いつもありがとうございます。

ポチッとね。 

↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

 

↓ 読者登録はこちらから ↓

読者になる 

 

新刊出ました!

500店舗を繁盛店にしたプロが教える 3か月で「儲かる飲食店」に変える本/日本実業出版社

 

売れるメニューブックノウハウの集大成!

手書きメニューのノウハウも収録

飲食店完全バイブル 売れまくるメニューブックの作り方/河野 祐治
 

 

繁盛店作りのバイブル!

繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え/河野 祐治

 

中国と台湾でも販売されてます!

飲食業の数字はこれ1冊
でOK

これだけは知っておきたい 儲かる飲食店の数字/日本実業出版社

 

■メールで私へ依頼や相談をする方はこちら

  ⇒ yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

 

■フェイスブックはこちら

  ⇒ www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

■ツイッターはこちら

  ⇒ twitter.com/yuji_kawanojp

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

3月23日(月)に、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

3月のセミナーは、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字