「継いでくれ」ではなく、「継がせてくれ」と言われる存在に

 

おかげさまで依頼が多くて、仕方なくお断りすることが増えました。

 

でも、公的機関の専門家派遣は、優先してやるようにしています。

 

専門家派遣を断って民間の依頼を優先した方が、格段に儲かるのですが(笑)

 

 

優先する理由は、もともと私が飲食店コンサルタントとして独立した目的の1つが、「個人飲食店支援」だからです。

 

飲食店経営のノウハウや知識がなくて苦労している個人飲食店を、支援していきたいんです。

 

カッコつけて言うと、ライフワークみたいなものです。

 

潰れていく個人飲食店を、たくさん見てきましたから。

 

自分で飲食店をやりたいわけじゃないんです。

 

「コンサルタントなんてやれるなら、自分で飲食店をやった方が儲けられるはずだろう」なんて、トンチンカンなことを言っている連中には分からないでしょうけど。

 

 

60歳過ぎて全国を飛び回るのがきつくなり、お金も必要なくなったら、専門家派遣での個人飲食店支援をメインにしていこうかなと。

 

その頃には、お声がかからなくなっているかも知れませんが(笑)

 

 

1991年がピークで約85万店あった飲食店が、今は約62万店程度だと言われています。

 

一方で、大手チェーン上位100社の売上は、3兆6千億円⇒6兆8千億円と増加しています。

 

それを差し引いての上記の店数ですから、個人飲食店は相当数が減少していることになります。

 

 

その大きな理由は、もちろん①売上不振です。

 

次が②後継者がいないこと。

 

そして、ここ数年で増えてきた理由が、③人不足。

 

 

私は、個人飲食店は家族経営でやればいいと思っているので、③は問題になりません。

 

①と②は、リンクしています。

 

子供は、親の大変さを見て育っているから、継ぎたくないんです。

 

朝から晩まで働いて。

 

休みもなく働いて。

 

それでも生活が大変で、夫婦喧嘩も絶えなくて。

 

理不尽な客にも、頭をペコペコ下げて。

 

要はカッコ悪いんですよ。

 

で、親も子供には継がせたくない。

 

 

先日、それに近いようなテーマである雑誌の取材を受けていて、ふと気づきました。

 

私は、単に個人飲食店に頑張って欲しいのではなく、「カッコ良い存在」であって欲しいと思っているんだと。

 

子供の憧れになって欲しい。

 

「父ちゃん、カッコいい」と思われて欲しい。

 

「飲食店って儲かるんだ」と思われて欲しい。

 

そのために儲けて欲しい。

 

ブラック労働ではなく。

 

 

だから私は、「個人飲食店は週休2日でいいじゃん」と言っているのですが、さらに昼か夜だけの営業で、月商200万円。

 

それだと上手くやれば、売上の半分の100万円くらいを世帯収入にするのは可能です。

 

世帯年収1,200万円。

 

飲食店をやっていれば食費はあまりかからないし、いろいろと経費で落とせるし、感覚的には年収1,500万円のサラリーマンと同じレベルでは?

 

「継いでくれ」ではなく、「継がせてくれ」と言われる状況になって欲しいんです。

 

頑張ろうぜ!

 

 

 

 

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

2019.6.23 新店舗

熊本に良いお店ができました!マジで今、熊本の業界で話題のお店。売れてるよ~~「肥後串焼 塩だしおでん ひご屋」

熊本にまた1つ、良いお店ができたよ。
実は3か月前にオープンしていたのですが、メニューやオペレーション等のチューニングがやっとできたので、お披露目です。
「肥後串焼 塩だしおでん ひご屋」

7月のセミナーは、「山形県山形市」「東京都文京区」「長崎県長崎市」に行きます!特に地方は、都会とは違う地方の繁盛ノウハウを話すからぜひ!

7月も、セミナーで全国をまわります!まずは、7月4日(木)に山形県山形市。主催は、日本政策金融公庫 山形支店。

6月の一般参加OKのセミナーは、「大阪府吹田市(24日)」「静岡県浜松市(26日)」の2つ!

怒涛のセミナー全国ツアーが始まります。6月は、●大阪府吹田市【6月24日(月)】●静岡県浜松市【6月26日(水)】です。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字