「トレーニング期間」は、「ファンになってもらう期間」です

今日は、打ち合わせが1本流れ、

もう1つは、クライアントが東名高速の大渋滞で大幅に遅れ、

お陰で久々にまとまった時間が取れたので、

会員限定通信の執筆やもろもろのデスクワークが進み、

かえって助かりました。

10月も、セミナーや講演の出張(一部は東京)だけで

19日間あり、土日も含め、ほぼスケジュールが埋まりました。

コンサルやセミナー・講演で忙しいのはありがたいし、

いくらでもOKなのですが、デスクワーク的作業が滞るんですよね。

何とかメール処理をこなすくらいで。

それはともかく、渋滞で遅れたクライアントも、

通常3時間程度のところを、ナント8時間もかかって、

事務所に来られました。

12時開始予定が17時半開始になって、21時過ぎまで打ち合わせ。

オープンまであと1ヶ月。

面白い店ですよ。

オープン前のトレーニングの件でアドバイスしたのですが、

そもそも最高の教育とは、

教育する必要がない人を採用することです。

社会常識があって躾をしなくていい人です。

そうすると、どういう属性の人を採用すべきか、

自ずと明確になりますよね。

トレーニングも、1日3H×5日間=15Hよりも、

1日2H×6日間=12Hの方がトータルの時間は短いのに、

効果は高くなります。

1日2Hでも3Hでも、効果は変わりませんが、

5日間よりも6日間の方が、効果は高くなります。

効果が高まるのは、1回の時間数よりも回数なんです。

そして、最も大事なことは、

「トレーニング期間」は、「ファンになってもらう期間」

であるということです。

お店の料理を食べさせるのはもちろん、

そのこだわりや差別化、想いを伝えて、

まずはスタッフが、お店のファンであるべきです。

そうすることで、たとえ接客が自己流だったとしても、

自分の言葉で自信を持ってサービスできます。

それが、お客様に響くのです。

そう考えると、今、均一低価格になだれ込んでいる

大手チェーンのお店のスタッフが、そのお店のファンであるか?

商品に自信を持っているか?

大いに疑問です。

飲食プロデューサー、中小企業診断士 

河野 祐治 

⇒ 河野のツイッターアカウント

⇒ 飲食店繁盛会       

                     

 いつもありがとうございます。   

  ポチッとクリック、応援を!    

      ↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

                

 ↓ 読者登録はこちらから ↓

読者になる

【お知らせ】


*「忘年会“獲得倍増”セミナー」やります!(10月5日)

  ⇒ セミナー詳細

*メルマガ300回記念特典もやってます(9月30日まで!)

   メルマガ300回記念特典

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

私が4冊出版している(しかも売れている)ことを知らないフォロワーが増えてるなんて許さんぞ!

既に、2018年に9年間365日書き続けたブログをやめた私ですが(もう2年前か。早いなぁ)、低頻度で時々書こうかと(告知には使ってきましたけどね)
【ブログをやめます】
kawanoyuji.com/?p=17742
先日のブログも反響が凄かったし。
【キャッシュを赤字補填に充てているだけでは単なる延命。収益を生む経費・投資が大事】
kawanoyuji.com/?p=18615

キャッシュを赤字補填に充てているだけでは単なる延命。収益を生む経費・投資が大事

  << 私への依頼や相談はこちらから >>  https://kawanoyuji.com/?page_id=9853     いま潰れている飲食店(廃業じゃなくて倒産ね)は、コロナがきっかけにはなったけど、 「そもそもコロナ関係なくダメだったでしょ?」 というお店です。   だって、これだけ助成金やら補助金やら給付金やらあって、融資もじゃぶじゃぶ貸してくれるのに、それらを都合できなかったわけで […]

2020.10.11 お知らせ

初!期間限定で「単発の全国出張相談」やります!

少しだけ余裕が出たのでこの機会に、「単発の全国出張相談」を初めてやってみようかなと。
と言うのもこれまで、
「とりあえず単発で1回、相談に乗って欲しいのですが(店を見て欲しいのですが、コンサルして欲しいのですが)」
という依頼がメチャクチャ多かったんです。
でもそんな余裕はないし、そもそも通常の新規のコンサル依頼も断ってる状況なので、全てお断りしてきました。
しかし、今ならやれるかなと。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字