もっと、市場の大きな変化を認識するべし

 

★私の直近のセミナースケジュール

 

【東京・秋葉原】9月18日(火)開講~私の担当は第5回の11月20日(火)
kawanoyuji.com/?p=16302

 

【茨城(水戸・つくば)】水戸~10月9日(火)、つくば~11月12日(月)*8月21日(火)開講
kawanoyuji.com/?p=16781

 

【山梨】10月22日(月)
kawanoyuji.com/?p=17201

 

【福井】10月29日(月)~3回
kawanoyuji.com/?p=17405

 

【千葉】10月30日(火)
kawanoyuji.com/?p=17477

 

【東京・千代田区】12月3日(月)
kawanoyuji.com/?p=17251

 

 

<< 私への依頼や相談はこちらから >>
 https://kawanoyuji.com/?page_id=9853

 

 

 

3泊4日九州巡業の旅。

 

熊本巡業編。

 

絶好調ですが、次の一手としてお弁当&テイクアウトに力を入れます。

 

とことん貪欲に。

 

 

 

以前、ブログにも書きましたが、ついに中食市場は10兆円を超えました。

 

【たぶん、理解している人は少ないと思う。「中食市場が10兆円を超えた意味」】
kawanoyuji.com/?p=15626

 

中食市場が、外食市場と内食市場を浸食していってます。

 

特に内食市場を。

 

その逆の浸食作戦もありですよ。

 

やられっぱなしでどうするんですか。

 

 

そして外食は、中食と内食の両方に目を向けなければなりません。

 

業種業態関係なく。

 

私のクライアントの約半分は、それに取り組んでいます。

 

 

さらには、

「食事業態のちょい飲み化によるアルコール業態市場の浸食」

「コンビニ等の業界の垣根を超えた外食市場の浸食」

という問題もあります。

 

私のクライアントの中でも、食事業態のちょい飲み化で売上を上げているお店があります。

 

でも、それらも同じように、逆の浸食作戦もありなんです。

 

 

以前から言っているようにこれからの飲食店は、

「売上=店内売上+店外売上」

という考え方が重要になってきます。

 

いつまでも古い考え方や固定概念に捉われず、新しい市場を切り開いていかないと。

 

嘆いているばかりではダメですよ。

 

政治や景気の話をしているのもダメ。

 

でも、台風や災害を恨むのは仕方ない…。

 

 

宴会コースも改良します。

 

 

 

その場でガンガン。

 

 

 

良い感じになりました。

 

 

 

熊本の年末商戦を取りまくります。

 

 

 

飲食店コンサルタント 河野 祐治

私のオフィシャルサイトはこちら
kawanoyuji.com/

 

 

■河野祐治とはどんな人?
kawanoyuji.com/?page_id=9736

 

■結構な数でメディアに出ています
kawanoyuji.com/?cat=7

 

■私のサポート内容はこんな感じ
 kawanoyuji.com/?page_id=9739

 

■私への依頼や相談はこちらから
 https://kawanoyuji.com/?page_id=9853

 

フェイスブック
www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

ツイッター
twitter.com/yuji_kawanojp

 

インスタグラム
www.instagram.com/yuji_kawanojp/

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

お披露目!今までにないコンセプトだよ。「ワインバイキング」とクラフトビールの最高峰「ベアードビール」の両方が楽しめる!「ワインとクラフトビール はるばる」

こちらもお披露目です。
ワインバイキングが楽しめて、さらにクラフトビールの最高峰、あの伊豆のベアードビールも楽しめるお店。
こんなお店、今までにないでしょ?
業態リニューアルです。

お披露目!私の名前を出してくれれば、変態な日本酒orワインをサービス!この6,000円のコースはスゴイよ。高円寺の「和食処 徳竹」

FBでアップするたびに、「どこのお店ですか?」と問い合わせが多かったのですが、やっとお披露目です。
高円寺の「和食処 徳竹」です。
www.toku-take.com/
高円寺の駅から少し離れたビルの空中階。
ちょっと躊躇する場所です。

4人分を3人で分ける

何回も書いていますが、私が徹底してこだわっているテーマが人時売上高。
スタッフの待遇を良くしていくには、絶対に避けられません。
待遇を良くできないお店は、これから淘汰されていきます。
それができないなら、家族経営でやれということ。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字