たぶん、理解している人は少ないと思う。「中食市場が10兆円を超えた意味」

 

★直近のセミナースケジュール

 

【千葉】6月2日(土)15時~
 kawanoyuji.com/?p=15051

 

【東京・立川】6月11日(月)14時~
 kawanoyuji.com/?p=15060

 

【東京・品川】7月4日(水)14時~
kawanoyuji.com/?p=15548

 

 

<< 私への依頼や相談はこちらからお気軽に >>
 https://kawanoyuji.com/?page_id=9853

 

 

 

以前、「2017年度の中食市場は10兆円を超える見込み」とブログに書きました。
kawanoyuji.com/?p=5401

 

24日の日本総菜協会の発表によると、初めて10兆円を超え、10兆555億円になったそうです。

 

これが何を意味するのか?

 

 

まず、外食・中食・内食(自炊)を合わせた、食の市場規模自体が縮小しています。

 

まぁ、人口が減ってるんだから、そうなるよね。

 

それに、高齢化が進んでるし。

 

ダイエットブームも影響しているのかな?

 

1日1食が流行ったりね。

 

 

外食の市場規模もここ数年は底を打ったけど、縮小しているのはご存知のとおり。

 

だから外食は、「中食には絶対にマネができない外食の価値とは?」を考える必要があるのです。

 

 

実は、もう1つの見方があります。

 

一時期増加傾向にあった内食市場も縮小しているんです。

 

自炊をする人が減っているということ。

 

唯一伸びているのは中食だけ。

 

ということは、外食VS中食ということではなく、中食VS外食・内食ということ。

 

中食が内食市場も食ってるんです。

 

 

これからますます共働きが増え、未婚率も高くなり、高齢化が進み、単身世帯が増加します。

 

当然ながら、内食市場はもっと縮小していくと思います。

 

それを中食と外食が吸収していかなければならないのに、中食ばかりが吸収しているのです。

 

 

実は、市場規模が縮小している外食も、食の市場規模に占める外食の市場規模の構成比って、そんなに大きくは変化していません。

 

つまり、食の市場規模自体が縮小しているから外食の市場規模も縮小しているけど、中食が市場を食っているのは、外食市場よりも内食市場ということになるのです。

 

中食には、出前や宅配・ケータリングも含まれます。

 

外食は、中食と内食の両方に目を向けないといけないということです。

 

 

もっというと、

 

なぜ、内食市場を中食に取られるのか?

 

なぜ、内食市場を外食が取れないのか?

 

中食に勝って外食が内食市場を取るにはどうすれば良いのか?

 

ということです。

 

 

飲食店コンサルタント 河野 祐治

 

 

■河野祐治とはどんな人?
kawanoyuji.com/?page_id=9736

 

■結構な数でメディアに出ています
kawanoyuji.com/?cat=7

 

■私のサポート内容はこんな感じ
 kawanoyuji.com/?page_id=9739

 

■私への依頼や相談はこちらからお気軽に
 https://kawanoyuji.com/?page_id=9853

 

フェイスブック
www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

ツイッター
twitter.com/yuji_kawanojp

 

インスタグラム
www.instagram.com/yuji_kawanojp/

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

3月23日(月)に、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

3月のセミナーは、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字