業態変更で売上が190%になった、調布の居酒屋

これまた、日経レストラン9月号 に掲載されたお店なのですが、

調布のクライアント、居酒屋ぽくぽくと打ち合わせ。

秋冬メニューと、年末商戦対策です。

良い感じで、作戦が立てられました。

「ぽくぽく」は、去年の12月に業態をリニューアルしたのですが、

リニューアル前に比べて、売上が半年間で約190%になりました。

日曜日を店休日にして、ランチ営業もやめて、

この売上なので、それを考慮するともっと上がっています。

先日のブログに書いたように、業態リニューアルが、

私自身が最も緊張するコンサルティングです。

ポイントは、エリアと競合店調査をして、

じっくりとコンセプトを練ることです。

そして最も大事なことは、

「ジコチューな発想ではなく、顧客目線であること」

です。

「ぽくぽく」の場合は、

「煮込みと串揚げ カメ売り焼酎」というショルダーネームにして、

串揚げはすべて130円均一と、分かりやすくしました。

また、値引きや割引の類のクーポンや販促は一切しませんでした。

オーナーの意向と私の考えが一致したからなのですが、

それで瞬間的に集客できたからといって、

それがどうしたの?と思うからです。

大事なのは売上ではなく、利益です。

もちろん、一切だめだということではありませんよ。

明確な目的の上で、そういう販促を仕掛けることも、

当然あります。

滅多にしませんが・・・。

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

またまた憂鬱だったと……他のクライアントにも同調されそうだなww

年末に、嬉しいお礼メールの件をブログにアップしました。
【本当に嬉しいプレゼント。「売上が上がり……資金も余裕……収入も……」】
kawanoyuji.com/?p=18516
すると久し振りに以前の顧問先から連絡があり、「オレもお礼のメールを送りたい!」と。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字