一発必中じゃなくて複合技

 

ついに3刷!

500店舗を繁盛店にしたプロが教える 3か月で「儲かる飲食店」に変える本/日本実業出版社

 

■メールで私へ依頼や相談をする方はこちら

yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

 

■フェイスブックはこちら

www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

■ツイッターはこちら

twitter.com/yuji_kawanojp

 

■インスタグラムはこちら

www.instagram.com/yuji_kawanojp/

 

 

 

今はあらゆることが複合技で、どんなテーマでも一発必中は難しいです。

 

本にも書いていますが、販促のテーマも、看板やメニューブック等の「リアルの販促」と「ネットの販促」との両輪です。

 

どっちに片寄ってもダメです。

 

今は昔と違って、情報の種類と数が全然違うからです。

 

 

さらにその「リアルの販促」の中の、看板1つをとっても同じことが言えます。

 

よく、「この店は袖看板は効果なさそうなので、止めておこうと思うのですが…」みたいなことを言われることがあります。

 

違うんですよ。

 

これも複合技で、袖看板・ファサード看板・A看板・タペストリー・窓の活用・・・・・とある中で、

 

・袖看板の効果1点

 

・ファサード看板の効果3点

 

・タペストリーの効果12点

 

     ・

 

     ・

 

     ・

 

合計32点の看板効果が見込める。

 

こんなイメージです。

 

仮に看板効果は30点が必要だとした場合、1つ1つの効果を積み重ねて、どうやって合計30点に到達するか?ということです。

 

なので、「袖看板をなくしても看板効果が31点あれば問題ないな」という発想ならOKです。

 

 

でもこれは、ランニングコストの場合は考え方が違います。

 

例えば、毎月費用が発生するグルメサイト。

 

A・B・Cと3つのグルメサイトを使っているとして、費用対効果の点数が、

 

A:25点

 

B:7点

 

C;18点

 

だとします。

 

この場合、合計50点の効果ですが、「Bの予算をAにまわしたら、Aの効果が35点になって、Bがゼロになっても結果的に53点で効果が上がるじゃん!」という考え方になります。

 

なりますというか、実際にやっていることですが。

 

 

一発必中を求めちゃダメですよ。

 

積み重ねの総合点の戦いですから。

 

 

飲食店コンサルタント、中小企業診断士

河野 祐治(かわの ゆうじ)

 

★私への依頼や相談はこちらから

yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

 

★セミナー・講演・研修依頼の詳細はこちら

ameblo.jp/yjkn/entry-12214602467.html

 

いつもありがとうございます。

ポチッとね。 

↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

 

↓ 読者登録はこちらから ↓

読者になる 

 

ついに3刷!

500店舗を繁盛店にしたプロが教える 3か月で「儲かる飲食店」に変える本/日本実業出版社

 

飲食店完全バイブル 売れまくるメニューブックの作り方/河野 祐治
 

 

繁盛本 街場の飲食店に学ぶ商売繁盛200の教え/河野 祐治

 

これだけは知っておきたい 儲かる飲食店の数字/日本実業出版社

 

■メールで私へ依頼や相談をする方はこちら

yuji_kawanojp@ybb.ne.jp

 

■フェイスブックはこちら

www.facebook.com/yuji.kawanojp

 

■ツイッターはこちら

twitter.com/yuji_kawanojp

 

■インスタグラムはこちら

www.instagram.com/yuji_kawanojp/

 

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

3月23日(月)に、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

3月のセミナーは、多摩信用金庫さんで数字のセミナーをやります!

豊橋市の飲食店の皆さん!2月にセミナーをやります!【“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー】

豊橋市の飲食店の皆さん!
2月にセミナーをやります!
テーマ:“事例で見る”売れるメニューとメニューブックの作り方セミナー
日 時:2月12日(水)14時~

待遇向上は待ったなし。利益が先か給与が先か。ここまでやる

先日FBで、日経トップリーダーの記事を取り上げて、「『社員研修は業績に結びつかない』は、言ってることがオレと全く同じ。社員旅行も同じく」と書きました。
www.facebook.com/yuji.kawanojp/posts/2875391042544712
内容はカンタンに言うと、「給与水準が平均以上の会社は社員研修の効果が出るけど、平均以下の会社は効果ないよ。そこに無駄な経費をかけるんじゃなくて、給与水準を上げることが先でしょ」ってこと。
これは、私が普段言っていることと全く同じ。

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字